このページはHOMEの中の DLPとは です。

DLPとは

DLPテクノロジー

DLP米国のテキサス・インスツルメンツ社が開発したDLPテクノロジーを使った投影方式。
半導体上に数十万個もの超微細なミラーが敷き詰められたDMD™(デジタル・マイクロミラー・デバイス)にランプ光を当て、ミラーで反射した光がレンズを通して投影される仕組みです。
DMD™のミラーは一つ一つが2方向に動いて反射光のオン・オフができるようになっています。このオン・オフをデジタル信号で制御し、1秒間に数千回ものハイスピードで動かすことによって映像の濃淡を表現しています。
※DLP、DMD™はテキサス・インスツルメンツ社の登録商標です。

ページトップへ

DLPテクノロジー選択の理由:トップ10

DLP はプロジェクション・テクノロジー分野で世界トップクラスのリーダーであり、10 の利点があります。

1:高い信頼性

DLP プロジェクタは、非常に高いネイティブコントラスト比を生成します。 ほとんどのコントラスト比は、2000:1 以上です。 黒はより深く、白はより白く表示されるため、部屋の後方にいる場合でも、優れた読みやすさを実現できます。

|詳細ページ|

2:一定の色精度

ほとんどの DLP プロジェクタは BrilliantColor™ を採用して、二次的な色の処理を高速化するために、最大 6 つの色処理に対応しています。 この結果、10 億色以上を表現でき、長期間使用した後でも、信頼性と精度の高い色を再現できます。

|詳細ページ|

3:総所有コストの削減

DLP テクノロジーを使用すると、プロジェクタの寿命全体にわたって総所有コストを削減し、フィルタ・フリー、ランプ・フリーというオプションを実現することができます。 ほとんどの DLP プロジェクタはフィルタ・フリーなので、清掃や交換の対象になるフィルタが存在しません。 一部の DLP プロジェクタはランプ・フリーであり、ランプ交換のコストを事実上排除しています。 これら 2 つの特長を組み合わせると、寿命全体にわたってコストを大幅に削減できます。

|詳細ページ|

4:高速デジタル・ビデオ性能

DLP チップの応答時間は 16μs と非常に高速であり、最大 120Hz のリフレッシュ・レートを容易にサポートできます。 この結果、高速アクションを意図して設計されたフレームの間で時間的ラグを生じさせずに、高精度で先鋭な画像を表現できます。

|詳細ページ|

5:フル HD 1080p

1080p のデータ・プロジェクタは、XGA のディスプレイ画面に比べると、2.3 倍の面積でデータとビデオのプレゼンテーションを表現できます。 経済的な 0.65 インチの 1080p DLP チップを使用する場合は、教室や会議室のデータを、100 インチ以上のイメージとしてフル ネイティブ HD で投射できます。

|詳細ページ|

6:耐久性のある DLP EXP™ チップ

DLP EXP チップを導入し、DLP スケールの光学系アーキテクチャと組み合わせた結果、非常に過酷な環境で長時間使用した場合でも、SVGA から 1080p までの範囲にわたるメインストリームの DLP プロジェクタで信頼性と精度が高いカラーを再現できるようになりました。

|詳細ページ|

7:手間のかからないランプ・フリー設計

ランプを交換する場合は、保守部門の労力以外に、追加の支出も発生します。 70 以上のメインストリーム DLP プロジェクタ・モデルはランプ・フリーであり、高輝度レーザーまたはハイブリッド LED/レーザー・アーキテクチャを採用し、従来型のランプの必要なしで光源を提供します。

|詳細ページ|

8:SmartSource™ 3D は、あらゆる信号形式に対応

DLP SmartSource™ 3D プロジェクタには、HDTV 放送(ハイビジョン)および HD(High Definition)DVD との互換性があり、非常に詳細で鮮明な画像を出力します。 大きな特長のひとつとして、HDMI v1.4a や VGA など、多くのビデオ信号の表示が可能です。 ホーム・シアター、教室、または会議室のスクリーンでリアルな画像を表示することができます。

|詳細ページ|

9:幅広いプロジェクター・ラインアップ

20 社以上のメーカーと数百のモデルがさまざまな解像度、投射距離、コネクティビティ・オプション、対話操作オプションをサポートしているので、ニーズに適した最適な解像度を満たす最適なプロジェクタを最適な価格で見つけることができます。

|詳細ページ|

10:受賞歴のある DLP Cinema®

DLP Cinema は、1999 年に最初のデジタル・モーション動画がリリースされたとき以来、映画業界でトップクラスのテクノロジーという地位にあります。 DLP を採用したプロジェクタを使用すると、世界中の映画館に匹敵するテクノロジーを入手できます。

|詳細ページ|

(DLPテクノロジー選択の理由:トップ10/テキサス・インスツルメンツ サイトより転載)

オプトマ CTO インタビュー

ページトップへ