このページはHOMEの中の Optomaとは です。

Optomaとは

世界有数のDLPプロジェクターメーカー Optoma(オプトマ)

オプトマの前身コアトロニック社は、世界で始めて10ポンド(4.5kg)を切るDLPプロジェクターの開発に成功するなど、早くからDLPプロジェクターに注力し、2002年、オプトマ社は自社の世界戦略ブランド確立のために独立創業しました。
以来オプトマは、USA・カナダ・メキシコ・イギリス・フランスなどで、DLPプロジェクターをリードするブランドとして躍進してきました。

工場オプトマのプロジェクターは、DLPチップの持つ優れた特長を余すところ無く製品に生かし、更にユーザーの要求を満たすオプトマ独自の技術を投入しています。
そのため業務用・民生用を問わず、世界の主要なメーカーにOEM提供もする、世界有数のトップメーカーとなりました。
2008年、ポケットプロジェクターPK101では、世界最小・最軽量のポケットプロジェクターとして、新しいカテゴリーを築きました。

現在では、多くのディストリビューター様、ディーラー様を始め、専門店様や個人ユースなど、ビジネスシーンからホームシアターまで、大型画面にクオリティを求める人々に信頼を得ているプロジェクターメーカーです。
日本では、2005年よりオーエスグループが日本国内販売契約を結び、㈱オーエス㈱オーエスプラスe がお届けしております。

2013.08 高コントラスト比10000:1 DLPウルトラモバイルプロジェクターW304M/X304Mを発売
2011.11 3D対応フルHD DLPプロジェクターHD83S1を発売
2010.10 1450g・3000lm DLPウルトラモバイルプロジェクターEP7155i/EP1691iを発売
2009.07 1080P フルハイビジョン DLPプロジェクターHD82を発売
2008.11 世界最小・最軽量 DLPポケットプロジェクターPK101を発売
2008.02 日本国内で初めて50万円を切るDLPフルハイビジョン1080PプロジェクターHD803を発売
2006.03 世界初のSXGA+高解像度DLPプロジェクターを発表
2005.07 DVDプレーヤー、スピーカー内臓プロジェクターDV10発売
日本国内総代理店契約をオーエスグループと結ぶ
2005.03 世界初の空気清浄システムを持つプロジェクターを開発。
2003.06 世界初の質量1kgを切る、DLPプロジェクターEP725を開発
2002.03 Optoma Technology社、Optoma EuropeをそれぞれUSAとUKに設立
2002.01 Optoma Corporation 設立(Coretronicより独立)
2001.01 Optomaを世界戦略ブランドとして確立

オプトマ CTO インタビュー

ページトップへ