このページはHOMEの中の 製品情報の中のホームシアタープロジェクターの中のEH503/EH503S1 です。

EH503 EH503 EH503 EH503 EH503
EH503 EH503 EH503 EH503 EH503
EH503
(レンズは別売です)
短焦点レンズ
(BX-DL080)
標準レンズ
(BX-DL200)
長焦点レンズ
(BX-DL300)
3Dアクティブグラス
(EH503S1に付属)

主な特長|EH503/EH503S1

新しいリビングシアターの快適さを生み出す、5200lmの高輝度と交換レンズ

完全遮光の難しいリビングシアター用DLPプロジェクター

オープンキッチンとリビングの合体。新しいライフスタイルは40㎡を超える大型リビングダイニングがトレンド。
EH503/EH503S1は、5200ルーメンの高輝度でリビングの明るさに対応し、さらに3種類から選択したレンズがプロジェクターの柔軟なインストールを可能にします。

※ EH503/EH503S1は本体のみとなります。別途レンズが必要です。

レンズ選択式

アイコンアイコンVGP2016 受賞ビジュアルグランプリ2016/2015/2015 SUMMER(プロジェクター部門)3回連続受賞

アイコンアイコンアイコンアイコンアイコンアイコンアイコンアイコン

[製品レビュー] メディア:AV&ホームシアター Phile-web アイコン

ページトップへ

フルハイビジョン(1920×1080)の高解像度

アイコン解像度1920×1080ピクセルのフルHDプロジェクターです。

ページトップへ

ホームシアタープロジェクターとして驚異的な高輝度5200ルーメン

リビングシアターでは暗室の約2倍のプロジェクターの明るさが必要とされます。また、長い投写距離や大型画面になれば投写する光はより高輝度が要求されます。5200ルーメンの明るさでそれらに対応します。

例えば、暗室で100インチを1500lmのプロジェクターでご覧の場合、リビングシアターでは3000lmが必要です。
また、200インチに画面拡大すると明るさは1/4の375lmになってしまうので、リビングシアターのプロジェクターは6000lmほどの明るさを要求されます。

ページトップへ

3種類のレンズ(短焦点/標準/長焦点)からの選択式で柔軟な設置位置を可能に

部屋の大きさやプロジェクターのレイアウトに合わせて、「短焦点」「標準」「長焦点」の3種類から最適なレンズをお選びいただけるレンズ選択式プロジェクターです。
EH503/EH503S1本体にレンズは付属いたしません。レンズと本体は別々の梱包状態で納品されます。
(各レンズの スペックはこちら投写距離はこちら

短焦点レンズ 標準レンズ 長焦点レンズ
BX-DL080 BX-DL200 BX-DL300
BX-DL080
クリックで拡大
BX-DL200
クリックで拡大
BX-DL300
クリックで拡大
6畳の間口いっぱい(2700mm)に張るスクリーンはちょうど120型と同じ位のサイズになります。
標準レンズの場合には部屋から飛び出してしまうプロジェクターの設置位置も、部屋の中に問題なく収まり、より大型画面を楽しむ事ができます。
最も汎用性が高くコストパフォーマンスに優れたレンズです。
例えば10畳の部屋では、長辺を投写に使えば120型をすっきりレイアウトする事が出来ます。
天井の高いリビングダイニングや、吹き抜けのあるリビングでは、プロジェクターを後方に設置しないとホームシアターが実現できない場合があります。
12畳以上の大きな部屋で使う場合には、部屋の中央にプロジェクターがある事を回避する事が可能です。

(レンズの取付方法)

①プロジェクターのノッチと電気接続ピンの方向を揃え差し込みます。 ②レンズを時計回りの方向に、カチッと音がするまで回転させて取付ます。 ※取外し時はLENS RELEASEボタンを押しロック解除して下さい。
レンズの取付 レンズの取付 レンズの取付
ご注意:レンズを取り扱う場合には素手でレンズ部分に触れないようにご注意ください。レンズ取り付けの際は取扱説明書を良くお読みください。

ページトップへ

設置性を向上させるレンズシフト(垂直・水平)搭載

  • 垂直画像高は、-20%~60%の間のオフセット位置で調整できます。

  • レンズ選択式
  • イメージの横位置の調整は、レンズセンターから左右に最大5%の調整を行う事が可能です。ただし、レンズシフトの垂直最大値を使った場合には、横レンズシフトは機能しません。

  • レンズ選択式
  • <レンズシフト範囲>
    WとH方向が0%のオフセット位置の場合、最大H上シフト=H×60%、最大H下シフト=H×20%、Wシフトは最大のW×5%が左右各々使用できます。
    ただし、Wシフトを最大のW×5%を使った場合はHシフト=H×55%までとなります。Hシフトを最大H×60%を使った場合はWシフトは機能しません。

  • レンズ選択式

ページトップへ

DLP Linkが実現する、より快適な3Dホームシアター

アイコンDLP Linkは、超高速イメージングDLPチップにより交互に左右の2画面を画面投写すると同時にアクティブグラス(眼鏡)に信号を送信します。この独創的な方法により外付けエミッターも不要になり、視聴ポジションの制約から開放されます。また不快なクロストークもほとんど感じることがありません。

(3Dアクティブグラス標準付属したEH503S1もご用意)

EH503S1には、抜群のフィット感のDLP Link専用アクティブグラスが標準付属いたします。
EH503でDLP Linkによる3D鑑賞をする際は、別途3Dアクティブグラス「ZD302」をお買い求めください。
(3Dアクティブグラス「ZD302」の 詳細・スペックはこちら

(型式:ZD302/JANコード:4942465016713)

ページトップへ

驚異の色彩 BrilliantColor™ ブリリアントカラー

アイコンブリリアントカラーはホーム用プロジェクターで培われたテクノロジーで、中間色を強め、画像制作者の意図する忠実な色彩により近づきます。

ページトップへ

ダウンロード

カタログ 取扱説明書 図面 仕様表

ページトップへ