このページはHOMEの中の 製品情報の中のホームシアタープロジェクターの中のHD25LVS1/HD25LV です。

HD25LVS1 HD25LVS1 HD25LVS1 HD25LVS1

主な特長|HD25LVS1/HD25LV

リビングシアターに最適な、高輝度・スピーカー搭載の3D対応フルHD

アイコンアイコン ビジュアルグランプリ2015/2014(プロジェクター部門)受賞

アイコンアイコンアイコンアイコンアイコンアイコンアイコン

ページトップへ

フルハイビジョン(1920×1080)の高解像度

アイコン解像度1920×1080ピクセルのフルHDプロジェクターです。

ページトップへ

DLP Linkが実現する、より快適な3Dホームシアター

アイコンDLP Linkは、超高速イメージングDLPチップにより交互に左右の2画面を画面投写すると同時にアクティブグラス(眼鏡)に信号を送信します。この独創的な方法により外付けエミッターも不要になり、視聴ポジションの制約から開放されます。また不快なクロストークもほとんど感じることがありません。

外付けエミッター(発信器)が不要

超高速イメージングチップDLPは、交互に二つの画面(右目用、左目用)を投写します。
そして画像のR(赤)の信号に、アクティブグラスへの切替え信号を送り出し、奥行のある3D映像を結像します。
一般の3Dプロジェクターは、エミッターと言われるメガネへの発信器が必要ですが、HD25LVS1/HD25LVはエミッターが不要で、セッティングの煩わしさも、コストも無用になります。

視聴ポジションが自由に

一般的に3Dに使用される赤外線エミッターは、なるべく画面センターに位置する事が好ましいなど、視聴ポジションに制約があり、また頭を動かす事も同期に影響がある場合があります。
HD25LVS1/HD25LVは3Dアクティブグラスへのシャッター切替信号を送出する際に、DLP Linkを採用し映像そのものに信号を付加し発信するため、赤外線方式と異なり、視聴ポジションの制約を受けることが少なくなります。

クロストークやカラーブレイキングノイズ(レインボー)を感じない

クロストークとは3D映像を見る際に、両目の映像を交互に高速で画面に映し出すため、瞬間的に残像のような二重映像が見えることを言います。
本機は3Dのクロストークを低減させるために、3Dのフレーム周波数を、一般的な120Hzから144Hzに高速化させ、さらに1フレームの映像を作り出すカラーホイールの回転数を2D・3D共に倍速化させることによりカラーブレイキングノイズを感じない素晴らしい画像を提供します。

3Dアクティブグラス標準付属(※HD25LVには付属いたしません)

HD25LVS1には、抜群のフィット感のDLP Link専用アクティブグラスが標準付属いたします。
(HD25LVでDLP Linkによる3D鑑賞をする際は、別途 3Dアクティブグラス「ZD302」をお買い求めください)

アクティブグラス

(型式:ZD302/JANコード:4942465016713)

ページトップへ

驚異の色彩 BrilliantColor™ ブリリアントカラー

ブリリアントカラーはホーム用プロジェクターで培われたテクノロジーで、中間色を強め、画像制作者の意図する忠実な色彩により近づきます。

ページトップへ

DynamicBlack™(ダイナミック・ブラック)テクノロジー を搭載

暗いシーンのディティールを鮮明に表現し、明るいシーンではくっきり奥行き感のある映像を見せる新しい機能。

ページトップへ

SRS WOW HD サウンドシステム

米国SRS Labs, Incが開発した高音質化技術「SRS WOW HD サウンドシステム」を搭載し、自然な立体音場感、豊かな低音、輪郭のはっきりしたクリアーなサウンドをお楽しみいただけます。

アクティブグラス

ページトップへ

ダウンロード

カタログ 取扱説明書 図面

ページトップへ