このページはHOMEの中の 製品情報の中のホーム&ビジネスプロジェクターの中のW312 です。

W312 W312 W312
W312 W312 W312

主な特長|W312

高輝度3200lm、クラス最高レベルのコントラスト比20000:1、ランプ寿命6000時間、
全ての会議室に一台を可能にする、比類ないコストパフォーマンス

ビジネスシーンで最もニーズの高い解像度WXGA(1280×800)のパネルを搭載。利用シーンの多いプロジェクターだけに、防塵処理など多くの特長を持ちながら、お求めやすい高コストパフォーマンスモデル。
HDMI・VGA・コンポジットなどの入力端子を備え、BDプレーヤー・PC・ゲーム機などの信号入力が可能。

アイコンアイコンアイコンアイコンアイコン

ページトップへ

高輝度3200lmで、多少明るい部屋・リビングでも鮮明画像

リビングシアターでは暗室の約2倍のプロジェクターの明るさが必要とされます。また、長い投写距離や大型画面になれば投写する光はより高輝度が要求されます。3200ルーメンの明るさでそれらに対応します。
例えば、暗室で100インチを1500lmのプロジェクターでご覧の場合、リビングシアターでは3000lmが必要です。

ページトップへ

驚異の色彩 BrilliantColor™ ブリリアントカラー

アイコンブリリアントカラーはホーム用プロジェクターで培われたテクノロジーで、中間色を強め、画像制作者の意図する忠実な色彩により近づきます。

ページトップへ

DLP Linkにより快適な3Dホームシアターを実現

アイコンDLP Linkは、超高速イメージングDLPチップにより交互に左右の2画面を画面投写すると同時にアクティブグラス(眼鏡)に信号を送信します。
この独創的な方法により外付けエミッターも不要になり、視聴ポジションの制約から開放されます。また不快なクロストークもほとんど感じることがありません。

DLP Linkによる3D鑑賞をする際は、別途3Dアクティブグラス「ZD302」をお買い求めください。
3Dアクティブグラス「ZD302」の 詳細・スペックはこちら

(型式:ZD302/JANコード:4942465016713)

ページトップへ

コネクターパネルを本体右側にまとめ、背面を壁付け設置可能(投写距離を最大限に確保)

電源をはじめ、入/出力接続端子を本体右側にまとめる事で、背面の配線がなくなり部屋の奥行を最大利用できます。
また、見た目もリアパネルがすっきりし快適感を感じます。

コネクターパネル

ページトップへ

多彩なコネクターで、様々な入力ソースに対応

HDMI・VGA・コンポジット等の入力端子を備え、BDプレーヤー・PC・ゲーム機など多彩な信号入力が可能です。

①RS-232C コントロール
②VGA 入力
③コンポジットビデオ 入力
④Sビデオ 入力
⑤HDMI 1.4a 入力
⑥3.5mmステレオジャック 出力
⑦3.5mmステレオジャック 入力
⑧USB コントロール
(※ファームウェアアップグレード用)
⑨電源ソケット

コネクター

ページトップへ

シンプルなカード型リモコン

リモコンフラットなカード型リモコンは、扱いやすく、コンパクトで場所を取りません。

ページトップへ

持ち運びに便利なキャリングケース付き

キャリングケース持運びに便利な、Optomaロゴ入りの専用キャリングケースが付属します。シンプルなブラック色で、ショルダーストラップが付いて肩掛けも可能です。

ページトップへ

ダウンロード

カタログ 取扱説明書 図面 仕様表

ページトップへ