ZU720T ZU720T

コンパクトな筐体に7,000ルーメンの高輝度
電動レンズシフトとゼロオフセット投写
1.8倍ズームによる柔軟な設置性と
ダイナミックな映像演出
WUXGA DLPレーザープロジェクター

  • DLP
  • HDMI
  • Full3D
  • MHL
  • 16:10
  • AMX
  • IPLINK
  • PJLink
  • RoomView
  • ランプメンテナンスが不要な長寿命レーザー光源
  • サイネージに最適な高輝度7,000ルーメン
  • 広い会議室でもシャープな映像
  • 学校の講堂やホールにも対応する明るさ
  • 1.8倍ズームレンズ、上下左右レンズシフト、水平・垂直キーストン搭載
  • 4方向ジオメトリック補正で、斜め投写にも対応
  • 360°ポートレート投写でミュージアムやイベントなどの映像演出にも最適
  • IP5X防塵性能により、堅牢で気密性に優れた高い信頼性
  • 高度な熱設計によるコンパクトで静かなデザイン
  • 外部LAN制御に対応しHDBaseTの受信機を搭載
  • 2つの映像を同時に表示するPIPモードとPBPモード
  • 様々なオート電源コントロールの設定が可能
  • AVミュート(完全なブラックアウト)が可能
  • DLP Linkにより快適な3Dを実現

ランプメンテナンスが不要な長寿命レーザー光源

OptomaのDuraCoreレーザー技術は、高度なレーザーダイオードのクーリングシステムと防塵デザインで、時間を経ても光源の輝度が落ちません。
エコモードで最大30,000時間の光源寿命は、メンテナンスフリーでビジネス用途に理想的です。

※プロジェクターはイメージです。

サイネージに最適な高輝度7,000ルーメン

サイネージにも最適な明るさ7,000ルーメンと、フルHDよりも高解像度のWUXGAの組み合せ、映像を大きくきれいに映し出します。
4K HDR入力信号に対応し、コンバーターなどの外部機器を利用せず、鮮明な映像が投写できます。

広い会議室でもシャープな映像

7,000ルーメンの明るさとWUXGAの高解像度で、広い会議室でもプレゼンテーションの映像をクリアに映し出します。
ファンノイズも27dB(Eco)と低く、静音性が要求される役員会議などにも適しています。

学校の講堂やホールにも対応する明るさ

大学の講堂やホールなど広い場所で大きな映像を映したいときにも、7,000ルーメンの明るさと300,000:1のコントラスト比で、明るく黒のしまった映像を映し出します。

1.8倍ズームレンズ、上下左右レンズシフト、
水平・垂直キーストン搭載

電動レンズシフト機能で、イメージ位置を上下に最大61%、左右に最大25%の角度まで調整することができます。ゼロオフセット投写で壁面全体のサイネージ運用も可能です。

4方向ジオメトリック補正で、斜め投写にも対応

ZU720Tは角度のある位置からのスクエアな投写を可能にする「幾何補正(ジオメトリ補正)機能」があります。
・水平/垂直キーストン調整(簡単なキーストン調整のためには、自動調整機能があります。)
・コーナー補正は画像の4つのコーナーを、それぞれにゆがみ調整が行えます。
これらの機能を組み合わせて、正面投写の困難な設置位置でも、きれいな四角形で投写が可能になります。

360°ポートレート投写で
ミュージアムやイベントなどの
映像演出にも最適

ZU720Tは、天吊り、ポートレート、下向きでの投写も可能です。
縦置きすることができ、縦長の画面投写が可能となり、サイネージやイベントなどにご利用いただけます。

高度な熱設計によるコンパクトで静かなデザイン

ZU720Tは7,000lmの高輝度でも、長いヒートパイプと短いヒートパイプを組み合わせ熱放散を増加することで、コンパクトなサイズを実現しています。内部コンポーネントの配置を最適化することで、効率的に冷却でき、ファンの回転速度を下げることで、静かな動作を実現し、低ノイズ動作にも貢献しています。

IP5X防塵性能により、
堅牢で気密性に優れた高い信頼性

IP RATED

ZU720Tは、OptomaのIP5X認証※の密閉光学エンジンデザイン。
密閉された筐体は、細かな塵が入りづらく、高い信頼性を誇ります。

※ 日本品質保証機構の「IP防塵・耐塵試験」の「IP試験グレード」による。IP10からIP60までの6段階がある。

外部LAN制御(AMX、Crestron、IP Link、Extron、PJLink等)に対応し、HDBaseTの受信機を搭載

ZU720TはHDBaseTを標準搭載しています。50mまでのLANケーブル・CAT6以上を使用し、非圧縮・無加工の画質劣化のない動画を送信でき、遠方からの制御を必要とする環境に対応します。
※オーエスの推奨するHDMI延長器(HDC-TH100-C/IDK社製)の制御範囲の50mは理論値であり、設置条件に左右されます。

2つの映像を同時に表示する
PIPモードとPBPモード

ZU720Tは2つの映像を同時に表示するPIP(Picture In Picture)モードとPBP(Picture By Picture)モードを搭載しています。
PIPモードは、メインの映像の中に、サブの映像を左上、右上、右下、右下に配置し、2つのソースからの映像を表示します。
PBPモードは、画面を上下、左右のどちらか2つに分割し、2つのソースからの映像を表示します。

様々なオート電源コントロールの設定が可能

ZU720Tはオプションの詳細メニューで様々な電源のON/OFFの設定を行うことができます。
・電源探知オートパワーオン:AC電源供給と同時に電源がオンになります。
・信号検知オートパワーオン:入力信号を検知すると同時に電源がオンになります。
・タイマー電源オートパワーオフ:入力信号が途切れてから設定時間で電源オフになります。
・スリープタイマー:信号入力の有無にかかわらず、設定時間で電源オフにします。
ZU720Tは他に「セキュリティメニュー」やリモコンの「ユーザーメニュー設定」など、様々なユーザー設定機能を持ちます。

AVミュート(完全なブラックアウト)が可能

AVミュート

ZU720Tは完全な暗闇が必要な状況で、メカニカルシャッターのように機能する完全なブラックアウトを行うことができます。通常の投影から完全な暗闇への変更と、その逆の変更は瞬時に行えます。

DLP Linkにより快適な3Dを実現

DLP Linkは、超高速イメージングDLPチップにより交互に左右の2画面を画面投写すると同時にアクティブグラス(眼鏡)に信号を送信します。
この独創的な方法により外付けエミッターも不要になり、視聴ポジションの制約から開放されます。不快なクロストークもほとんど感じることがありません。
DLP Linkによる3D鑑賞をする際は、別途3Dアクティブグラス「ZD302」をお買い求めください。
(3Dアクティブグラス「ZD302」の詳細・スペックはこちら


クリックで拡大
(型式:ZD302/JANコード:4942465016713)

プロジェクションマッピングで使用想定されるエッジブレンディング・幾何学補正機能搭載

複数のプロジェクターで1つの映像を投影しても、つなぎ目を正確な測定値で組み合わせ、毎回シームレスなブレンドを作成することが可能です。